上手な看護師の転職先の選び方とは?

1.まずは情報収集から始める

 

看護師として新しい職場を探し求めるのなら、上手に転職先を選ぶ必要があります。

 

しかし、上手な選び方とは具体的にどのようなものでしょうか。その一つが、情報収集です。どのような求人が掲載されているのか、例え自分の理想に近い求人が掲載されていても、その求人情報を手元に置くことができなければ意味がありません。

 

そのため、その情報を手に入れることから始めましょう。特に、インターネットの求人サイトは重要です。いつでもどこでも確認できるので、ちょっとした合間に毎日チェックできます。

 

さらに、求人サイトが扱いやすいのは掲載元も同じです。様々な求人情報をネットを中心に掲載しているので、今や転職情報の主戦場はインターネットに移行したと知っても過言ではないでしょう。ここで主だった情報を集め、まずは転職情報の数を抑えておくのです。

 

2.自分にとっての理想の転職先

 

次に考えるのは、自分にとって理想的な看護師転職先とは、どのような職場かを考えることです。仮に看護師何人かに最も職場に求める条件を問うとするなら、それぞれ答えが異なる可能性は高いでしょう。つまり、自分にとっての理想的な職場とは、必ずしも他人と同じとは限らないのです。

 

例えば、育児に追われるため職場を変更したいと考えている方は、勤務形態や育児休暇などをチェックする必要があります。反対にとにかく年収を重視したい方は、キャリアアップも見据えて年収面が優れている転職先を見つけることになります。

 

どちらも兼ね備えている求人が全く無いわけではありませんが、そうした求人は数が少ない上に競争倍率も高めです。自分の理想とする条件に合致しながらも、あまり競争率の高くない求人が見つかればこれ以上無く有利になるでしょう。

 

3.どんな職場で働くか

 

看護師が働く職場といえば、まず思い浮かべるのは病院です。病院には多数の看護師が勤務していますし、このイメージに間違いはありません。しかし、このイメージが全てかといえば、そうではありません。

 

病院以外にも看護師が活躍できる職場はいくつもあるのです。例えば、病院に通うことが難しい患者に向けて、訪問看護を行っている看護師もいます。あるいは、病院で働くのではなく企業に勤める看護師として活躍する産業看護師もいます。

 

どちらも病院で働くわけではありませんし、これまでとは違った経験ができるはずです。職場が違えば当然勤務内容も異なります。その違いを考慮した上で、最も働きやすい職場を選びましょう。口コミや評判でもナース人材バンクが定評ですので、職場選びを始めるなら転職サイトを使うと良いですよ。

 

上記内容をまとめると

 

  • 看護師の転職は情報収集が最重要
  • 他人と自分の理想的な職場が必ず合致するとは限らない
  • 病院以外の選択肢も検討してみよう

 

以上になります。

 

せっかく新しい可能性を探し求めるわけなので、狭まった選択肢から転職先を選ぶのはもったいない話です。病院以外にも看護師が活躍できる職場はありますし、求める条件が異なれば見えてくる求人も異なります。まずは、自分が求める転職先の条件をまとめてみましょう。

更新履歴